プラセンタサプリとマカの関係

  • カルシウム

プラセンタサプリとマカの関係

プラセンタは動物の胎盤の事です。
胎盤は母親と赤ちゃんをつなぐ命綱でもありますし、自然な形で豊富な栄養が含まれているので胎児の成長には欠かせない物となります。
マカは南米ペルーのアンデス山脈に自生する植物ですが、過酷な環境で生き抜くために豊富な栄養を蓄えています。
どちらも自然な形で、豊富な栄養がバランスよく凝縮されているのです。

マカは生の状態でペルー国外に持ち出す事を法律で禁止しています。
海外に輸出する場合は乾燥させたものを粉砕し、粉末状にします。
日本の輸入されているのは、粉末状になった物です。
ホルモンバランスや自律神経を整える作用、生殖機能を高める作用があり、女性特有の症状の緩和や、妊活まで幅広く活用されています。

プラセンタは人由来の物もありますが、サプリメントに使われるのは、豚や馬、羊、植物由来の物です。
植物には胎盤がありませんが、植物の胎座から抽出した物を使います。
何由来かによって多少効果は変わってきますが、動物由来の物よりも安全性が高く人にも合っていると言われます。
以前は牛由来のプラセンタも使われていましたが、狂牛病があってからは牛由来のプラセンタは使われなくなっています。

プラセンタは成長因子を豊富に含んでいるので、成長促進だけでなく、代謝を高めターンオーバーを促進させるなど美容面でも高い効果が期待できます。
どちらもサプリメントとしても多くの人に愛用されている有名な成分ですが、この2つを一緒にしたサプリメントもあります。

人の体を維持するのに欠かせない成分と、代謝を促進し再生力を高める成分が合わさる事で相乗効果が生まれます。
サプリメントですから効果の実感には個人差もありますが、マカとプラセンタを同時摂取すると、年齢とともに増えていく体調不良や、更年期障害の症状を緩和するという効果が期待できます。
サプリメントは食品と同じ扱いですから、薬のような即効性はありません。
しかし続ける事で少しずつ嬉しい変化を実感できるようになります。

マカもプラセンタも女性にはメリットが多いサプリメントです。
別々に取り入れるよりも同時摂取をする事で、相乗効果が高まります。

ページのトップへ戻る