マカを伝統的な調理で摂取する

  • カルシウム

マカを伝統的な調理で摂取する

ペルーの法律で生のまま国外に持ち出す事を禁止しているため、外国に輸出する時は、乾燥させそれを砕いて粉末にしてから輸出します。
ペルー国内ではスーパーフードとして昔から料理に使われていました。
日本に輸出するような場合は根の部分を使いますが、生のまま使う時は葉の部分も使います。

ペルーの郷土料理にも使いますが、料理以外ではキャンディにしたり、粉末をコーヒーに混ぜたりして飲むのも人気です。
外国に輸出する場合は全て粉末にしますから、アメリカではコーヒーにマカをいれた、マカチーノなども人気があるようです。

ペルー国内でもパウダーにして使います。
例えばフルーツやパンケーキなどにパウダー状のマカを振りかけると、ほのかな甘みがあるのでそのままでも美味しくいただけます。
一般家庭にもパウダーのマカを常備していて、料理や飲み物、お菓子作りの時によく使います。
ハーブティーとしても飲まれていますが、疲労回復効果が高いので、疲れたと感じた時はマカのハーブティーを飲むのが定番です。
ペルーでは町のあちこちにマカキャンディが売られていると言います。
大人から子供まで普通にキャンディを食べているので、厳しい環境でも健康でいられるのかもしれません。

日本では粉末の状態でしか入手できませんが、料理に使ったり、お菓子作りに使ったりというのも人気があります。
チアシードのようにスーパーフードとしても注目されていますから、毎朝飲むスムージーにパウダーを入れるのもおしゃれですし、尚且つ美容と健康にも役立つから一石二鳥です。

サプリメントはカプセルじゃ錠剤のイメージもありますが、粉末状の物は料理にも活用できるのでとても便利です。
お好み焼やパンケーキなどレシピもいろいろ工夫できますので、楽しく飽きずに続けられるのも料理に取り入れるメリットです。

特にこれといったルールはありませんから、いろいろな料理やお菓子に混ぜてオリジナルレシピを開発するのも楽しいと思います。

ページのトップへ戻る